2019年5月23日(木)の医薬ニュース

日毎の製薬業界のウェブニュースの一覧です。タイトルをクリックすると詳細をご覧いただけます。

5月23日(木): ポスト「京」の名称 「富岳(ふがく)」、人工タンパク質の創出にむけた第一歩など

経営・契約
● 第一三共
一部報道について
スクープ 第一三共、大衆薬事業を売却へ
大衆薬事業の売却交渉をしている事実はない=一部報道で第一三共
● アッヴィ
アッヴィ日本法人 18年売上は倍増の1726億円 C肝薬・マヴィレット急伸で
● トランスG
トランスGが続伸で中段もみ合い上放れ、核酸医薬分野での業容拡大に期待
● 塩野義
「第154回定時株主総会 招集ご通知」、「第154回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項」を掲載しました
塩野義製薬が「ミュージックフェア」を支援し続ける理由
● 日本化薬
代表取締役および役員の異動に関するお知らせ
● 立命館大
立命館大学が医薬品・医療機器を対象とした新たな費用対効果評価制度の公的分析機関に国内で初めて選定されました
● KAICO
試薬、カイコから抽出 九大発新興企業が販売
薬価
IT
次世代スパコン 名称を「富岳」に 理研、高性能イメージ
● 細菌の増殖
細菌の増殖に決定的な影響を及ぼす化学物質をビッグデータ解析で予測
知財
● 大学
大学発医薬特許 どう生かす
基礎研究
● スティーブンス・ジョンソン症候群
スティーブンス・ジョンソン症候群/中毒性表皮壊死症の診断マーカーを同定しました
● 神経変性疾患
~神経変性疾患などの発症メカニズム解明へ~ 細胞自殺酵素カスパーゼ1が二種類の細胞死を使い分ける謎を分子レベルで解明
● 肝がん
肝がんの新しい分化分子分類と診断マーカー -日中共同による混合型肝がんのゲノム解析-
開発
● ラッサ熱
Inovioが初めてラッサ熱ワクチン候補の臨床試験入り
● ビタミンD
米ハーバード大も注目 「ビタミンDでがん再発予防」の可能性
申請
承認
安全性
製造
病院・薬局
その他
● 医薬品卸
主要医薬品卸の2019年3月期決算状況‐従来ビジネスモデルからの転換図る
● 不治の病
「不治の病」は、いつ告知されるべきか? 早期診断技術の進化が生んだ倫理的ジレンマ
● 診療GL
【プライマリ・ケア学会】「本当に必要な薬、考えて」‐診療GL遵守で多剤併用に
● CRO
【日本CRO協会】設立以来、初の減収に‐CSO業務分社化が影響
● 認知症
認知症患者4団体が共同提言 治療・予防薬の開発で「実行性ある政策を」
● 厚労省
中央社会保険医療協議会(ペーパーレス)の開催について
令和元年度第1回医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(ペーパーレス)
<スポンサーリンク>
ページ上部へ戻る