2018年11月20日(火)の医薬ニュース

日毎の製薬業界のウェブニュースの一覧です。タイトルをクリックすると詳細をご覧いただけます。

11月20日(火): マラリア薬化合物にエボラ抑制効果 鹿児島大が確認、肥満における慢性炎症など

経営・契約
● 田辺三菱
会社情報に「マテリアリティ」を掲載しました。
田辺三菱 中計見直し 国内売上3000億円維持も研究・生産拠点集約、MR減員を検討
● 武田薬品
米ドル建無担保普通社債の発行条件の決定に関するお知らせ
武田薬品のシャイアー買収、EUが承認
● キヤノンメディカルシステムズ
キヤノンメディカルシステムズ、アルゼンチン現地法人設立について
● CASI
バイオ医薬の米CASI、無錫に生産拠点
● ノバルティス
ディオバン臨床研究不正 東京高裁二審も無罪 新たな立法措置の必要性に言及も
● アステラス・グローバルヘルス財団
アステラス・グローバルヘルス財団発足のお知らせ – 保健医療へのアクセス向上を支援 –
● アルヴォテック、富士製薬
アルヴォテックと富士製薬が日本でバイオシミラーを開発・商業化するための独占提携契約を締結


知財


基礎研究
マラリア薬化合物にエボラ抑制効果、鹿児島大が確認…新薬開発目指す
● 肥満
肥満における慢性炎症の新規発症メカニズムの解明
● 成長板軟骨
成長板軟骨の休止細胞層には骨格幹細胞が存在する
● 人工RNA論理回路
細胞の運命を制御する人工RNA論理回路の構築に成功
● 神経細胞
神経細胞を明るくカラフルに染めることで神経回路研究を加速
● 神経ペプチド
神経ペプチドがインフルエンザ重症化に関わっていることを発見
● I型アレルギー
【PDF】I型アレルギー反応を即時に阻止する抗IgE抗体Fabの作製に成功
● アルツハイマー病
健常高齢者の2割を占める「前臨床期アルツハイマー病」は、一見正常だが、学習効果が乏しいことが特徴


開発


申請


承認


安全性
● サリドマイド
<名古屋工業大>サリドマイド薬害リスク抑える仕組み解明


発売


その他
● 乳がん
手術や薬はどう使われる?乳がんの治療法のいろいろ
● 開発助成
がん治療の新薬、開発助成対象に アピなど
● 製薬協
製薬協コードを改訂‐物品提供の禁止に厳格化
「臨床研究法・臨床研究法施行規則」に関する製薬協Q&A(その1)を掲載しました。
「製薬協コード・オブ・プラクティス」を2018年11月改定版に差し替えました。
「申請時電子データ提出にかかる実務担当者のためのワークショップ(医薬品評価委員会)」を掲載しました。
● 厚労省
薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する情報について(平成30年11月20日適用)
中央社会保険医療協議会費用対効果評価専門部会・薬価専門部会・保険医療材料専門部会合同部会(第12回)議事次第
第71回がん対策推進協議会(ペーパーレス)(資料)
● PMDA・新着
事務補助員(新薬審査第三部の審査業務に係る補助業務等)の募集について
事務補助員(新薬審査第四部の審査業務に係る補助業務等)の募集について(ページタイトルを変更しました)
医薬品・医療機器等安全性情報 No.358(厚生労働省発行)を掲載しました


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る