2018年4月16日(月)の医薬ニュース

日毎の製薬業界のウェブニュースの一覧です。タイトルをクリックすると詳細をご覧いただけます。

4月16日(月): シャイアー・腫瘍事業を24億ドルで売却、ファーマバイオが特定細胞加工物製造許可など

経営・契約
シャイアー がん事業を仏製薬に24億ドルで売却
● 武田薬品
武田薬品が5兆円超巨額買収で「世界10指入り」か
● 大鵬薬品+ヘルシン
【PDF】-大鵬薬品とヘルシングループ-がん治療に有望な共同開発中の選択的RET阻害剤について米国がん学会(AACR)にて前臨床試験結果を発表
● ベーリンガー+宮崎大学
宮崎大学との急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の病態解明と新たな治療法確立を目指した共同研究について
● Align Clinical CRO
米国で治験標準化団体設立‐製薬とCROの情報共有を支援
● ファーマバイオ
統括製造責任者兼CMC開発本部長として元協和発酵キリン株式会社CMC開発部長・高崎工場長の中島祥八氏を招聘いたしました。 
東京大学名誉教授の長野哲雄先生を弊社アドバイザーに招聘いたしました


薬価


IT
● オンライン診療
オンライン診療、企業が支援 保険適用でVB参入  高齢化でニーズ拡大、住商も出資
● 東北大学
東北大学未来型医療創成センターの公式サイトが公開されました


基礎研究
● 幹細胞
【PDF】多能性幹細胞を選択的に除去する化合物
● 関節リウマチ
関節リウマチの診断と治療経過の把握を可能にし得るバイオマーカーを発見


開発
● KEYTRUDA
KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)の単独療法は、腫瘍細胞のPD-L1発現が1%以上の  局所進行または転移性NSCLC患者の初回治療においてOSを有意に延長し、  第3相試験KEYNOTE-042の主要評価項目を達成
● タグリッソ
FLAURA試験により示されたタグリッソ1次治療の前例のない無増悪生存期間 改善効果はその後の治療ラインにおいても持続
アストラゼネカ、日本人患者さんのタグリッソへのアクセスの実態を把握する最初のリアルワールドエビデンスとして、多施設共同前向き観察研究REMEDYの結果をELCCで発表


申請


承認


製造


その他
● 求人
[CRA]製薬メーカーの求人増加―マネージャークラスの募集も|製薬業界転職市場トレンド(2018年4月)
● シリア
標的は「がん治療薬の研究施設」…シリア側主張
● 認知症
認知症の妄想、徘徊、暴言… それは薬のせいかもしれません
● 鼻水
【その薬、本当に必要?】鼻水を止めたい!でも……その使い方は正しいですか?市販の点鼻薬の“あるある”残念な使い方
● PMDA・新着
「後発医薬品の添付文書等における情報提供の充実について」を掲載しました


広告

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る